ソフィアインプラントセンター

名古屋市 インプラント治療・審美歯科

さまざまなタイプのインプラントクラウン

硬質レジン前装冠タイプのインプラントクラウン

斜め上から見た画像

基底部から見た画像

内部のフレームワークと噛む面に貴金属合金を用い、人目につく部分には歯と同じような白さのプラスチック系素材(硬質レジン)を用いるタイプのクラウン。噛む面の形態が長期的に安定するのが長所。硬質レジンの部分は経年的に劣化し、色が濃くなってくるが、張り替え修理によって最初のきれいな状態に戻すことができる。

メタルセラミックタイプのインプラントクラウン

斜め上から見た画像

基底部から見た画像

内部のフレームワークにはメタルセラミッククラウン用の貴金属合金を用い、それ以外の部分にはセラミックス材料を用いるタイプのクラウン。天然歯によく似た美しい仕上がりが得られるのが長所。かみ合わせの力が強い人では欠けたり割れたりすることがあるのが短所だが、修理は可能。

オールセラミックタイプのインプラントクラウン

斜め上から見た画像

基底部から見た画像

内部のフレームワークには耐熱性セラミックス材料であるジルコニアを用い、それ以外の部分にはセラミックス材料を用いるタイプのクラウン。金属の代わりに強靱で色が白いジルコニアを用いているため、メタルセラミックタイプよりもさらに審美的なのが長所。かみ合わせの力が強い人では欠けたり割れたりすることがあるのが短所だが、修理は可能。