ソフィアインプラントクリニック

名古屋市 インプラント治療・歯の美容

歯を美しくする方法

主としてセラミック素材を用いることにより、美しく自然な歯を実現することができます。

前歯を白くする

ボーセレンラミネートベニア

天然の歯の色が暗い場合に、歯の表面を一層(約0.5~0.8mm)だけ削り、ポーセレン(セラミックス)の修復物を貼り付けて白い歯に変身させる方法です。主に前歯に用います。


虫歯の治療(部分的な場合)

セラミックインレー

臼歯(奥歯)の一部に虫歯ができたときは、コンポジットレジンというプラスチック又は 金合金を詰めて治療するのが一般的です。これらの方法もすぐれた治療法ですが、「耐久性がある白い歯」を希望される場合には、セラミックインレーという白い詰め物を歯に接着させて用います。


虫歯の治療(歯全体の場合)

メタルセラミッククラウン

虫歯にかかった範囲が広く、詰め物では対応できないときは、クラウン(冠)で治療します。クラウンの材料としては、金合金が最も多く使われていますが、美的効果が高いとは言えない場合が多いです。メタルセラミッククラウンは、内側の金属の上にセラミックスを焼き付けてできるクラウンなので、美的効果が高く、なおかつ強度的に優れています。


オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、色が白くて強靱なジルコニアのフレームワークの上にセラミックスを焼き付けてできるクラウンなので、メタルセラミッククラウンよりもさらに美的効果が高く、なおかつ強度的にも優れています。


オールセラミックブリッジ

欠損部位の両隣に歯が残っている場合には、インプラントを用いずにブリッジで欠損を修復するほうが良い場合もあります。これはオールセラミッククラウンを用いたブリッジの一例で、一番右にはより大きな咬合力にも耐えうるフルジルコニアクラウンが用いられています。



 


できるだけ歯を削らずにブリッジにする

アドヒージョンブリッジ

1~3本の比較的少数の歯を失ったときに用いるブリッジです。このブリッジの特徴は、抜けた歯の両隣の天然歯をごくわずかに削るだけですむことです。両隣の歯に対してブリッジを接着(アドヒージョン) させるため、このように呼ばれています。